ミニトマトは、家庭菜園初心者でも育てやすいことから、非常に人気の高い品種です。この人気のミニトマトの収穫の時期はいつ頃なのでしょうか?そのため今回は、ミニトマトの収穫の時期は?タイミングの見分け方、やり方や保存方法もご紹介します!^^

スポンサードリンク

ミニトマトの収穫時期は?タイミング、見分け方は?

出典元:http://xn--vekaa9723al3ljhe56ct2b03tfl0bur0a.xyz/?p=1138

 

ミニトマトの収穫時期は5月中旬から9月上旬!

 


出典元:http://kateisaiennkotu.com/yasainosodatekata/kasairui/minitomato.html

上記のミニトマトの栽培カレンダーを見て頂いたら分かるように、地域・気候や植え付けの時期よって多少ズレはあるものの、ミニトマトは大体4月上旬~6月下旬頃に植え付けをして、5月中旬~9月上旬に収穫時期を迎えます。

一般的にミニトマトは、花が咲いて1か月後くらいから収穫できるようになるとされているようですね^^

ミニトマトの収穫のタイミング

出典元:http://vegetable-garden.hatenablog.com/entry/mini-tomato-syukaku

ミニトマトの収穫のタイミングは、実が熟したときです!

ミニトマトはブドウのように房状に実をつけます。根本の実から順に赤くなって収穫時期を迎えるので、先端の実まで全てが赤く熟すまで待ってしまうと、最初に赤くなった根元の方の実の皮が厚くなってしまったり、完熟を越えて実が落下してしまうこともあります。
つまり、ミニトマトの場合は、熟した実を順次収穫していくのがよいと言えます。

前項でミニトマトの収穫時期は5月中旬から9月上旬ということをご紹介しましたが、ミニトマトは開花から約40~50日ほど経ったら実が熟してくるとされており、この実が熟したときが収穫のタイミングとなります。

しかしながら、開花を見落とすこともあるかと思いますし、気候などにより40~50日ぴったりで熟すとは限りません。そこで次項では、具体的なミニトマトの収穫の見分け方として、熟した実の見分け方についてご紹介したいと思います。

ミニトマトの収穫の見分け方

出典元:http://vegetable-garden.hatenablog.com/entry/mini-tomato-syukaku

ミニトマトの収穫の見分け方としては、3つのポイントがあります。

  1. 実の上から下まで全てが真っ赤になった状態が「完熟」!
  2. 完熟したミニトマトの「ヘタ」はひっくり返って閉じた状態になる!
  3. 完熟したミニトマトは触れただけで実がとれる!

ミニトマトの収穫の見分け方として一番確実なのは、実の色です。ミニトマトは下部から赤くなってきますので、ヘタの直下まで真っ赤になった時が収穫の時となります。

完熟したミニトマトは、それ以上甘くなりませんし、むしろ皮が必要以上に固くなったり、裂果(実の表面が裂けたり割れてしまうこと)してしまうことさえあるので、すぐに収穫しましょう!

つまり、完熟したミニトマトをいつまでも幹につけたままにすることは、デメリットはあってもメリットは無いということですね。

実の色だけでなく、ミニトマトの完熟を見分けるポイントがもうひとつあります。それはヘタの状態です。上記の完熟したミニトマトのヘタの状態を見ていただくと分かると思いますが、完熟したミニトマトのヘタはひっくり返って閉じた状態になります。

特にミニトマトの種類によっては、オレンジ色になる品種もありますので、実の色だけでなく、ヘタの状態も併せて観察することで、完熟の見分けがつくと思いますので、是非覚えておいてください。

また、完熟したミニトマトは触れただけでも、簡単にヘタからぽろりと簡単にはずれますが、これは間違いなく完熟した状態です。ただし、簡単にとれる場合はかなり熟していますので、すぐに食べたほうがよい段階です。したがって保存期間などを考慮すると、もう少し早い段階で収穫したほうがよいかもしれませんね。

トマトの収穫の時期は?タイミングの見分け方、収穫方法や保存方法も

トマトの収穫については別記事でまとめています↑↑↑

スポンサードリンク

ミニトマトの収穫方法は?

出典元:https://lovegreen.net/homegarden/p87880/

これまでミニトマトの収穫の時期やタイミング、見分け方についてご紹介してきましたが、ここでは実際の収穫方法について調べてみましたので、ご紹介したいとます。

ミニトマトの収穫の順番

出典元:http://aiaicamera.seesaa.net/article/423290248.html

上記の写真を見ていただくと分かるように、ミニトマトは茎元から順番に熟していくので、茎ごと切りとってしまうと、先端のまだ熟していない実まで丸ごととってしまうことになります。したがって、ミニトマトは茎元の方から熟した順にひとつずつ収穫することになります。

収穫方法1:ハサミで切り取る

出典元:http://www.kagome.co.jp/vegeday/grow/201707/6798/

園芸用ハサミなどで切り取ることが基本的な収穫方法となります。手でトマトの実を支えながら、ハサミで軸を切りとります。上記の写真のように、できるだけ軸の実に近い部分を短く切るように注意しましょう。このように収穫するのは、長い軸が実に残っていると、収穫後にほかのトマトを傷つけてしまうことがあるからです。

収穫方法2:手で茎のコブの部分を折って収穫する

出典元:http://vegetable-garden.hatenablog.com/entry/mini-tomato-syukaku

上記の写真の丸で囲った部分を見ていただくと分かると思いますが、ミニトマトのヘタのすぐ上の部分に「コブ状」になっているところがあります。じつはミニトマトの実を掴んで上方向にねじるようにすると、このコブの部分がポキンと折れ収穫することができます。しかも、ハサミで切ったように綺麗にポキっと折れるので、おススメです^^

ミニトマトの収穫後の保存方法は?

出典元:http://kateisaien01.com/minitomato-sodatekata-1958

ミニトマトを収穫しても、その保存方法を誤ると、皮がシワシワになってしまいます。そこでこの項では、ミニトマトをシワシワにしないで、できるだけ長持ちさせる保存方法についてご紹介したいと思います!

ミニトマトの保存方法1:冷蔵庫で保存(保存期間:1週間)

出典元:以下すべてhttps://kumiko-jp.com/archives/145146.html

収穫したミニトマトの保存方法として一般的なのは冷蔵庫での保存だと思います。ただし、このときに一工夫することで、張りのある状態が保つことができます。それはタッパーに入れて、水に浸しておくということです。以下に手順を載せておきますので参考にしてください。

  1. ミニトマトは実が割れたものを除き、ヘタを付けたままきれいに水で洗う。
  2. タッパーなどの密閉容器にミニトマトを入れて、実がかぶるくらいの水を注ぎ、フタをして冷蔵庫の野菜室に入れる。
    ※保存中は2〜3日に1回くらい水を替えることで1週間程度保存可能

ミニトマトの保存方法2:冷凍庫で保存(保存期間:1ヵ月)

ミニトマトをしばらく保存しておきたい場合は、やはり冷凍保存でしょう!ミニトマトの冷凍保存には、2パターンありますので以下にご紹介します。

1つめは、丸ごと保存袋に入れて冷凍する方法です。メリットとしては、手間いらずで、解凍後に皮がむきやすいという点です。

2つめは、カットしてから保存袋に入れて冷凍保存する方法です。この場合は、そのまま料理に使いやすいという点がメリットといえます。

ただし、冷凍保存する場合には、必ずヘタを取って保存してください。ミニトマトのヘタはカビやすいので忘れないように取り除きましょう!

ミニトマトの保存方法3:乾燥させて保存(保存期間:5日~1か月)

ミニトマトは水分を飛ばしやすいので、オーブンを使って1時間ほどで、保存性に優れたドライトマトが作れます。ドライトマトは、冷蔵庫で4〜5日、冷凍庫で1ヶ月保存可能です!

スポンサードリンク

ミニトマトの楽天の人気商品を紹介☆

ミニトマト 糖度8度以上 保証

熊本県の有明海で育ったミネラルたっぷりのミニトマト☆糖度が高く8度以上のおいしいトマトです!

【ふるさと納税】 川南町産ミニトマト彩り豊かな「アイコ」2.0kg

土作りからこだわった川南町産のミニトマト彩り豊かな「アイコ」☆たっぷり2キロのおすすめの一品です^^

産地厳選 訳あり ”ミニトマト” 約3kg

その時期一番おいしい産地のミニトマトを厳選してお届け!たっぷり約3キロで料理に思う存分使えます♪

まとめ

今回は家庭菜園で人気の品種ミニトマトの収穫についてご紹介しました。この記事を参考にしていただき、是非ミニトマトの収穫を楽しんでください!
関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓^^

【関連記事】

記事がお役に立ちましたら、是非ブックマーク・お気に入り登録お願いします☆

スポンサードリンク