皆さん、烏龍茶飲まれていますか?
その烏龍茶ですが、水出しで作った場合に効果はどうなるのでしょうか?そちらの方が身体に良いのでしょうか?
また、水出しで作ったらいいのか煮出しで作ったらいいのか迷いますよね!
そこで今回は、 烏龍茶の水出しの効果と作り方!おすすめや煮出しとの違いもにご紹介していきます!^^

スポンサードリンク

烏龍茶の水出しの効果

見た目も味わいも爽やかになる

烏龍茶は苦いくて渋くて飲みにくいというイメージが強いですが、水出しをする事でカフェインとカテキンの抽出を抑える事ができるので、烏龍茶の後味が残り、爽やかで軽やかな飲み口になります。更に、透き通った色になるので見た目も涼しげに感じます。涼しげな見た目と軽やかな飲み口は、暑い夏にぴったりです。

カテキンやカフェインが抽出されにくい

ポリフェノールの1つであるカテキンやカフェインは、熱に弱いため、高い温度で抽出すると、カテキンやカフェインが破壊されて煮汁などに溶け出します。水出しで冷たい温度で抽出する事により残存量が増えるため、カテキンやカフェインが溶け出す事なく茶葉に残ります。

カテキンやカフェインが溶け出さないとどうなる?

カテキンは渋味、カフェインは苦味の成分となっています。その為、苦味や渋味が和らぎ飲みやすい烏龍茶となります。

刺激の強い物を控える必要がある方々におすすめ

カテキンやカフェインと言った渋味や苦味が少ない水出し烏龍茶は、刺激の強い物を控える必要がある子供や妊婦さんにはもちろん、あまりお茶を好まない方にもおすすめです。

烏龍茶の水出しと煮出しの違い


出典:http://sachiomax.com/black_oolong_tea_water_out_boiled/

水出しに対して、煮出しという方法で烏龍茶を作る方法もあります。水出しとの違いはどの点なのでしょうか?紹介していきます。

見た目

烏龍茶はどのような色を想像しますか?
恐らく、市販品で多く出回っている濃い茶色を想像する方が多いと思います。
ですが、烏龍茶を水出しすると、色が薄く透き通った涼し気な色をしています。

いつも見ている濃いのは煮出しですね^^

味わい

水出しにすると、カフェインやカテキンが抽出されにくくなり、苦みや渋みが少なくなります。逆に、テアニンが抽出されやすくなり、旨みや甘味が強くなります。その結果、烏龍茶の後味が残り、爽やかで軽い味わいになります。

温度が高い煮出しの場合は、テアニンに加え、カテキンやカフェインも多く溶け出します。
その為、烏龍茶本来の味をしっかり感じ取る事が出来ます。苦味や渋味も味わいたい時は熱湯で、旨みや甘み味わいたい時は少しぬるめのお湯で煮出と言った感じで温度によって、味の違いを楽しんでみて下さい。ただし、煮出した場合は、カテキンが酸化して味が落ちてきてしまうので、早めに飲みきった方が良いですね☆

味の変化

煮出しの場合、カフェインの量が多くなって苦みが増したり、カテキンが酸化したりと、時間が経てば経つ程、味に大きな変化が出てきます。しかし、水出しだと、カフェインやカテキンが抽出されにくいので、苦味や渋味、旨みや甘みと言った成分が溶け出しにくいため、味の変化は殆どありません。そのため、飲みたい時に飲みたいだけ、変わらない味の烏龍茶を飲む事ができます☆

香り

水出しにすると、カフェインやカテキンより、テアニンの方が多く抽出されるため、旨みや甘味を含んだ爽やかな香りになります。また、煮出しに比べて香りは強くないため、あまりお茶が得意でない方におすすめです。

ただ、水出しの際はミネラルウォーターか、一度沸騰させたお湯を冷ました水を使うようにして下さい。水道水をそのまま使うと、水道水についているカルキの匂いが烏龍茶の香りと混ざり、烏龍茶本来の香りを楽しむ事ができなくなります。

また、烏龍茶を温めて飲む機会って、意外と少ないので香りの強さが違うって感じにくいですよね。で
は、烏龍茶と似た温度で煮出して飲む紅茶をイメージしてみて下さい。紅茶をお湯で入れると、とてもいい香りが広がりますよね。

その事と同じで、烏龍茶も高い温度で煮出すと、茶葉が開いてとても良い香りを楽しむ事が出来ます。一度入れた烏龍茶を別の器に移し変えると、温度が変化し、更に香りが強くなります。

スポンサードリンク

烏龍茶の水出しの作り方


出典:https://www.youtube.com/watch?v=Qjc0gmi4X7E
ここまで水出しで飲む事について紹介してきたので、ここでは水出しでおいしく飲む入れ方、そして煮出しで飲む入れ方について紹介していきます。

烏龍茶の水出しの作り方1

  1. 茶葉10gに対し、水1リットルをお好みの容器に入れる。
    容器はこういったものを使うと楽チンですよ↓↓↓

  2. 一晩(8時間~10時間)、冷蔵庫で置き、茶葉を取り出す。

これで完成です!
簡単ですね^^

烏龍茶の水出しの作り方2

  1. 茶葉6グラムを耐熱容器に入れ、熱湯を注いで捨てる
  2. 別の容器に、茶葉とお湯180mlを入れて2~3分蒸らす
  3. 氷120グラムを入れ、茶葉をこして注ぎ、素早く混ぜる
  4. 冷蔵庫に入れて、1~2時間待つ

こちらは熱湯で茶葉の開きを良くして、抽出の時間を短くする事ができるため、飲みたい時にすぐ飲む事ができて、非常に便利です。もちろん、一晩置いて濃い味わいにするのもおすすめです☆

スポンサードリンク

烏龍茶の水出しのおいしい通販のおすすめは?

数ある烏龍茶の中から、今回は4つおすすめの商品を紹介していきます。

【いっぷく茶屋】黒烏龍茶 リーフタイプ 100g×2袋

通常の烏龍茶よりも、脂肪吸収を抑えるポリフェノールが多く含まれている黒烏龍茶は、ダイエットにはもちろん健康を気にする方にお勧めです。リーフタイプになっているので、好みの濃さを見付けてみるのにも最適です。

【長峰製茶】極上凍頂烏龍茶 100g

台湾を代表するお茶の1つである凍頂烏龍茶。苦味が少なく、風味が爽やかなため、お茶の苦味や渋味が苦手な方はもちろん、お茶を極めたい方も是非お試し下さい。甘い香りもするので、ティータイムのお供にもお勧めです。

【セレクトshop ぶるーまん】凍頂烏龍茶 500g

沢山の量を飲む事ができるため、健康やダイエットのみに止まらず、日常生活に取り入れるのにお勧めです。また、アレルギー抑制作用があるため、花粉症が酷い方は是非飲んでみて下さい。

黒烏龍茶 24本(350ml)×3ケース

既に完成した物がペットボトルに入っているため、わざわざ水出しする手間が省けすぐに飲む事ができます。
自分自身の日常使いにはもちろん、急な来客にも対応する事ができます。
無理なく手軽に飲みたい、そんな方は是非選んでみて下さい。

 

まとめ

普段何気なく飲んでいる烏龍茶ですが、温度や入れ方1つで味や香りに大きく違いが出るのでびっくりです。
水出しは、刺激が少なくなるので、お子様やよく烏龍茶を飲む方にはおすすめです^^

スポンサードリンク