カレーを作るために使用する、「カレーフレーク」というものがあるようですね!
では、この「カレーフレーク」はどのようなものなのでしょうか? また、どのように使えばいいのでしょうか?
そのため今回は、カレーフレークとは?おすすめの人気通販ランキングと使い方、ルーとの違いをご紹介します!^^

スポンサードリンク

カレーフレークとは?ルーとは何が違うの?


出典:http://blog.livedoor.jp/pumpkin4/archives/51013241.html

カレーフレークは、見た目的には通常の固形のカレールーを粉状に粉砕して作られてものになります。

カレーを作るために使用する商品になっていて、野菜やお肉を入れた鍋に入れることによってカレーを作ることができます。

ダマになりにくい

通常の固形のルーは、鍋に入れると溶けるまでに時間がかかってしまうため同じところにルーが重なってしまったりダマになってしまったりと均一に溶けるまでに手間がかかることが多いです。

カレーフレークははじめから粉末になっているため鍋に入れた瞬間にすぐに溶けるので、大量にカレーを作る場合や時短でカレーを作りたい方にはかなり便利です。

人数分の計算がしやすい


出典:http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1483592405/l50

粉末タイプになっていて、簡単に計量することができるので人数分の計算がしやすくなっています。

作りたい量だけすぐに入れることができるので1人用でもさっと作ることが出来るのがいいところです。

油や糖分が含まれている

粉末ですが油や糖分が練り込まれているので触り心地は、サラサラではなく少しぺたっとした印象です。

粉末だからといって特に他に何か加える必要もなく、カレーフレークだけでカレーの味をつけることができます。

他の料理にも使いやすい

カレーパンやカレーうどんなど、少量のみカレーが使いたい方にもカレーフレークはおすすめです。

60度~70度前後のお湯に溶けやすくなっているので、さっと溶けるのも使いやすいです。

スポンサードリンク

カレーフレークのおすすめの人気通販ランキング

エバラ 横濱舶来亭 カレーフレーク こだわりの中辛

「横浜舶来亭」のこだわりのカレーを再現したカレーフレークです。

直火の釜で炊き上げていて、香ばしい香りを感じることができます。溶けやすいラードが

練りこまれていてさっとお湯に溶け込むので使いやすいです。

味は中辛で誰にも親しみやすい辛さになっています。

スパイスとハーブが20種類以上使われているので、いつでもおいしいカレーが食べられます。

よこすか海軍カレーネイビーブルー カレーフレーク

通常のカレーから、ドライカレーまでアレンジしやすいフレークタイプになっています。

ルー自体に牛肉やにんじんなどのカレーの具材が溶け込ませてあるので、カレーフレークだけでもおいしいカレーを堪能することができるところが魅力です。

いつでもよこすか海軍カレーが食べられるので愛用しています。

S&B カレーフレーク 1kg

1kgサイズの使いやすいサイズになっていて常温で保存できるのでかさばりません。

また中甘口になっているので、子供でも気軽に食べることができるカレーになっています。

家庭的なプレーンカレーを食べたい時はこのカレーフレークがかなりおすすめです。

S&B ディナーカレーフレーク

「S&B カレーフレーク」の辛口タイプです。

フォンドボーソースや、果実、野菜などの隠し味をしっかり練りこんであり高級感溢れるカレーを楽しむことができます。

いつものカレーより一手間加えたい時に使用しています。コクのある味が特徴的です。

ハウス 欧風カレーフレーク 1kg

ビーフの旨み、仔牛のフォンの風味を詰め込んで、乳製品でまろやかに仕上げた欧米風味のカレーフレークになっています。

スパイスやハーブがたっぷり入っていて香りとコクがしっかりあるカレーを作ることができます。

スポンサードリンク

カレーフレークの使い方

では実際にカレーフレークはどのように使っていくのか使い方を紹介します。

いろんな料理に使えるので普段の料理に取り入れてみてくださいね。

カレーライス

通常のカレーを作るように野菜を入れて煮込んでいき、水が沸騰したら作りたい分量のカレーフレークを加えて混ぜていきます。

とけやすいので、しっかり混ぜながらとかしていきます。

カレーフレークがとけてきたら、チーズなどの隠し味を入れるとより美味しいです。

カレーの隠し味に関しては、別記事にまとめています↓↓↓

カレーうどん

だし汁にうどんを入れて、うどんに味を染みこませていったらカレーフレークを入れて味付けをしていきます。

どろっとしたカレーうどんが好きな方は通常よりカレーフレークの量を多めに入れて混ぜていきましょう。

冷凍うどんを使うとより簡単に作ることができます。

カレー味野菜炒め

好きな野菜をたくさん入れてフライパンで炒めていき、塩コショウと一緒に味付けでカレーフレークを入れていきます。

通常のカレーを作るときより少量でもしっかり味がつくのでいつもの野菜炒めに飽きてきたら、作ってみてくださいね。

まとめ

いつものカレーを時短にしたり、カレー味の料理を作れたりと料理の幅を広げてくれるカレーフレークは1つ家に置いておくととても便利ですね☆
是非いつもの生活に取り入れてみてくださいね!^^

スポンサードリンク