飲み物

烏龍茶の水出しの効果と作り方!煮出しとの違いはあるの?

水出しの烏龍茶は、普通の烏龍茶より体に良いのか?

また、よく似たものに「煮出し」というものもありますよね。

水出し・煮出しに違いはあるのでしょうか?

本記事で詳しく解説していきます。

烏龍茶の水出しの効果

見た目も味わいも爽やかになる

烏龍茶は苦いくて渋くて飲みにくいというイメージが強いですが、水出しをする事でカフェインとカテキンの抽出を抑える事ができるので、烏龍茶の後味が残り、爽やかで軽やかな飲み口になります。更に、透き通った色になるので見た目も涼しげに感じます。涼しげな見た目と軽やかな飲み口は、暑い夏にぴったりです。

カテキンやカフェインが抽出されにくい

ポリフェノールの1つであるカテキンやカフェインは、熱に弱いため、高い温度で抽出すると、カテキンやカフェインが破壊されて煮汁などに溶け出します。水出しで冷たい温度で抽出する事により残存量が増えるため、カテキンやカフェインが溶け出す事なく茶葉に残ります。

カテキンやカフェインが溶け出さないとどうなる?

カテキンは渋味、カフェインは苦味の成分となっています。その為、苦味や渋味が和らぎ飲みやすい烏龍茶となります。

刺激の強い物を控える必要がある方々におすすめ

カテキンやカフェインと言った渋味や苦味が少ない水出し烏龍茶は、刺激の強い物を控える必要がある子供や妊婦さんにはもちろん、あまりお茶を好まない方にもおすすめです。

烏龍茶の水出しと煮出しの違い


出典:http://sachiomax.com/black_oolong_tea_water_out_boiled/

水出しに対して、煮出しという方法で烏龍茶を作る方法もあります。水出しとの違いはどの点なのでしょうか?紹介していきます。

見た目

烏龍茶はどのような色を想像しますか?
恐らく、市販品で多く出回っている濃い茶色を想像する方が多いと思います。
ですが、烏龍茶を水出しすると、色が薄く透き通った涼し気な色をしています。

いつも見ている濃いのは煮出しですね^^

味わい

水出しにすると、カフェインやカテキンが抽出されにくくなり、苦みや渋みが少なくなります。逆に、テアニンが抽出されやすくなり、旨みや甘味が強くなります。その結果、烏龍茶の後味が残り、爽やかで軽い味わいになります。

温度が高い煮出しの場合は、テアニンに加え、カテキンやカフェインも多く溶け出します。
その為、烏龍茶本来の味をしっかり感じ取る事が出来ます。苦味や渋味も味わいたい時は熱湯で、旨みや甘み味わいたい時は少しぬるめのお湯で煮出と言った感じで温度によって、味の違いを楽しんでみて下さい。ただし、煮出した場合は、カテキンが酸化して味が落ちてきてしまうので、早めに飲みきった方が良いですね☆

味の変化

煮出しの場合、カフェインの量が多くなって苦みが増したり、カテキンが酸化したりと、時間が経てば経つ程、味に大きな変化が出てきます。しかし、水出しだと、カフェインやカテキンが抽出されにくいので、苦味や渋味、旨みや甘みと言った成分が溶け出しにくいため、味の変化は殆どありません。そのため、飲みたい時に飲みたいだけ、変わらない味の烏龍茶を飲む事ができます☆

香り

水出しにすると、カフェインやカテキンより、テアニンの方が多く抽出されるため、旨みや甘味を含んだ爽やかな香りになります。また、煮出しに比べて香りは強くないため、あまりお茶が得意でない方におすすめです。

ただ、水出しの際はミネラルウォーターか、一度沸騰させたお湯を冷ました水を使うようにして下さい。水道水をそのまま使うと、水道水についているカルキの匂いが烏龍茶の香りと混ざり、烏龍茶本来の香りを楽しむ事ができなくなります。

また、烏龍茶を温めて飲む機会って、意外と少ないので香りの強さが違うって感じにくいですよね。で
は、烏龍茶と似た温度で煮出して飲む紅茶をイメージしてみて下さい。紅茶をお湯で入れると、とてもいい香りが広がりますよね。

その事と同じで、烏龍茶も高い温度で煮出すと、茶葉が開いてとても良い香りを楽しむ事が出来ます。一度入れた烏龍茶を別の器に移し変えると、温度が変化し、更に香りが強くなります。

烏龍茶の水出しの作り方