たんぽぽは春を代表する植物の一つですよね^^ 春に道端などで見かけるたんぽぽは、食べることは可能なのでしょうか?
また、たんぽぽの毒、栄養や効能、食べ方についても気になりますよね☆
そのため今回は、『たんぽぽを食べることは可能?栄養や効能、毒はないか、食べ方のおすすめや採取方法』をご紹介します!^^

スポンサードリンク

たんぽぽを食べることは可能?

出典:http://qq4q.biz/OT6h

たんぽぽは、花、茎、葉、根のすべての部分が食べられる食用植物です。

あまり食用としてのイメージがないので、余すところなく食べられるなんて意外ですよね。

たんぽぽを摘んだことがある人は分かると思いますが、たんぽぽを摘むと、茎の部分からボンドのような白い液体が出てきます。
この白い液体を「毒」だと勘違いしてしまう方も多いと思いますが、この白い液体は「乳液」と呼ばれ、たんぽぽの他にレタスやイチジクなども「乳液」を出します。

決して毒ではないので安心してくださいね^^

たんぽぽは、サラダや天ぷら、お茶やコーヒーなど、様々な楽しみ方がある食用植物です^^

漢方としても親しまれ、栄養も満点なんですよ☆

たんぽぽの栄養や効能

出典:http://qq4q.biz/OT6M

栄養

たんぽぽには、ビタミンA、ビタミンB2、カルシウム、鉄分などが豊富に含まれています。

たんぽぽは「春の七草」には含まれていませんが、他の緑黄色野菜と同じように、栄養豊富な植物なんですよ^^

後ほど詳しくご紹介しますが、たんぽぽは、昔から食用として親しまれている野草の一つです。

また、たんぽぽの根は漢方でも使用されていて、根の部分は「蒲公英根(ほこうえいこん)」といわれています。

根の部分を焙煎したノンカフェインのたんぽぽコーヒーは、特に女性に人気があります☆

効能

たんぽぽに含まれているビタミンA、カルシウム、鉄分には、様々な効果、効能があります。

  • ビタミンAには、皮膚や粘膜を健康に保ったり、暗いところでの視力を保つ効果があります。
  • ビタミンB2には、脂肪の燃焼を促進したり、皮膚や髪を美しく保つ効果があります。
  • カルシウムには、骨や歯を形成し、丈夫に保つ効果があります。
  • 鉄分には、血中でヘモグロビンを構成し、酸素を運搬する役割があります。

たんぽぽの葉や茎には、ビタミンA、カルシウム、鉄分が多く含まれています。
また、根には、鉄分やビタミンB2などが豊富に含まれているので、自分に合った部分を選んで食べるのも良いですね^^

たんぽぽには、母乳の出を良くする効果があるとも言われていて、たんぽぽの根を使った漢方薬、「蒲公英根(ほこうえいこん)」は乳汁欠乏症を改善するとして、母乳育児中の方にも親しまれています。

スポンサードリンク

たんぽぽの食べ方のおすすめ

出典:http://ur2.link/OT8A

葉や茎の食べ方

たんぽぽの葉や茎は、サラダや天ぷらにすると、美味しく食べることができます。

タンポポの葉や茎の食べ方、レシピをご紹介します☆

タンポポの葉の下処理

タンポポの葉は、調理する前によく洗い、下茹でをして、数時間水にひたしておきましょう。

タンポポの葉には苦味があるので、下処理をすることで苦味を和らげることができます。

タンポポとジャガイモのサラダ

出典:https://cookpad.com/recipe/2191813

【用意するもの(2人前)】

  • タンポポの若菜 2掴み
  • ジャガイモ 1個
  • にんにく 2/1片
  • 塩 適量
  • オリーブ油 大さじ1
  • りんご酢 大さじ1

【作り方】

  1. タンポポの若葉を良く洗う。
  2. ジャガイモの皮をむき適当な大きさに切り、柔らかくなるまで茹でる。
  3. ボウルにタンポポの若葉と入れ、その上に茹でたジャガイモをのせる。
  4. 3に、みじん切りにしたにんにく、塩、オリーブ油、りんご酢を入れ、ざっくり良く混ぜて完成。
タンポポの葉の天ぷら

出典:https://cookpad.com/recipe/764347

【用意するもの(2人前)】

  • タンポポの葉 10枚程度
  • 天ぷら粉 1/2カップ
  • 水 80cc
  • 揚げ油 適量

【作り方】

  1. 揚げ油を熱しておく。
  2. タンポポの葉を洗い、キッチンペーパーなどで水気をとる。
  3. 天ぷら粉と水を混ぜて衣を作り、葉の裏面だけにサッとつけて揚げる。
  4. 油を切り、お皿に盛り付けて完成。

根の食べ方

たんぽぽの根や葉は、お茶やコーヒーにして楽しむことができます。

たんぽぽ茶、たんぽぽコーヒーのレシピをご紹介します☆

たんぽぽ茶

出典:https://cookpad.com/recipe/3868286

【用意するもの】

  • たんぽぽの葉 適量

【作り方】

  1. たんぽぽの葉を洗う。
  2. 1週間程度陰干しをする。
  3. 中火、遠火で乾煎りをする。
  4. 急須などに入れて、熱湯で3分程蒸らし、完成。

乾煎りをしないと臭みが残ってしまうので、忘れないようにしましょう!

たんぽぽコーヒー


出典:https://cafe831.exblog.jp/11101491/

【用意するもの】

  • たんぽぽの茎 適量

【作り方】

  1. タンポポの根を洗い、数日天日干しにする
  2. 弱火で20分ほどフライパンで焙煎する
  3. ミキサーで細かくする
  4. コーヒードリッパーを使って、コーヒーと同じように淹れる

出典:https://cookpad.com/recipe/3130438

たんぽぽコーヒーはノンカフェインなので、カフェインを控えている方にもおすすめです♪

作るの大変!という方は、できたものも売っています☆

たんぽぽの採取方法

出典:http://qq4q.biz/OT6c

採取する場所は?

たんぽぽは、公園や畑など、日当たりがよく、程よい湿り気のある場所に多くあります。

たんぽぽは、食用として売られているものも、自然に生えているものも大きな違いはなく、どちらも食べることができます。

私有地ではない、自然の多いところを探すと良いですね^^

採取するベストなタイミングは?

たんぽぽを採取するベストなタイミングは、花が咲く少し前の、つぼみがつくくらいの頃です。

たんぽぽの花が咲くのは3月~5月くらいがピークなので、その少し前がベストだということですね。

最近は外来種のたんぽぽも多く、こちらは3月~10月ごろまで花を咲かせますが、外来種は苦味が強いのであまりおすすめできません。

採取するたんぽぽの選び方

出典:http://ur2.link/OU5I

採取するたんぽぽは、「在来種」の方が苦味が少なくておすすめです。

たんぽぽには「在来種」と「外来種」があります。
茎の上の膨らんでいる部分、「総苞」が上向きになっているのが在来種、下向きに反り返っているのが外来種です。

苦味が苦手な方は、総苞が上向きになっているものを選ぶと良いですよ☆

ただ最近は、「在来種」と「外来種」が交じりあった「交雑種」も増えてきており、総苞の向きも中途半端で見分けづらいものも増えてきています。

おすすめは自主栽培

私たちがよく道端などで見かけるたんぽぽは、ほとんどが「外来種」です。

また、場所によっては農薬がかけられていたり、犬のおしっこがかかっている可能性もあります^^;笑

たんぽぽの種を買ったり、たんぽぽの綿毛を持って帰って庭やプランターに植えれば、簡単に育てることができます。

たんぽぽは、特に肥料を与える必要もなく、水だけあげれば勝手に育ちます。

真夏の直射日光は苦手なので、暑い時期には、少し日陰で育てるようにしましょう。

それほど手間がかかりませんし、農薬や犬のおしっこの心配もないので、自主栽培をしてみるのもおすすめです☆

在来種と外来種の見分けがつかない場合は、在来種「ニホンタンポポ」の種を買ってくると良いですね^^

スポンサードリンク

たんぽぽのおすすめはこちら☆

ノンカフェイン たんぽぽ茶 清らかブレンドポット用30個入

ノンカフェインのたんぽぽ茶です☆
自然の恵みである、たんぽぽ根、黒豆、発酵ギンネムが絶妙にブレンドされています♪
体を温める作用があるので母乳育児中のママにもおすすめです^^

たんぽぽコーヒー 2g×40包

本場ポーランド産たんぽぽの根で製造された、たんぽぽコーヒーです☆
ノンカフェイン、無農薬で、ティーパックは漂白工程のない不織布を使用しています^^
ホットはもちろん、冷やして飲んでも美味しいですよ♪

日本たんぽぽの種(1袋)

日本たんぽぽの種(1袋)です☆
一般に良く目にするのはほとんどが西洋タンポポですが、こちらは元々日本に自生している在来タンポポです^^
春に種をまくと、夏に休眠し秋に発芽しますよ♪

まとめ+関連記事

たんぽぽは栄養豊富な食用植物です☆ たんぽぽを見かけたら採取して、春の味を楽しんでみてはいかがでしょうか^^
関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓^^

【関連記事】

スポンサードリンク