あっさりと甘酸っぱい味わいが魅力的なキウイ。そんなキウイですが、悪くなって腐ると一体どうなるのか、気になりますよね?
完キウイは腐るとどうなる?完熟した物の食べ頃の見極め方、賞味期限や日持ち、保存法もご紹介します!^^

スポンサードリンク

キウイは腐るとどんな状態になる?

出典:https://www.pakutaso.com/20180707185post-16697.html

果肉が柔らかくなる

果肉がグニャっと柔らかくなってきます。

指などで押して、跡が残って弾力がなければ腐っている可能性が高いです。

因みに、部分的にブヨブヨしている場合は、まだ腐っている訳ではないので、その部分を切り落とせば食べられます☆

汁が出てくる

キウイから水分が抜けている状態で、同時に皮の表面が干からびたようにシワシワしている場合もあります。

手でキウイを持って皮がズルっと剥ける程度まで柔らかく、萎びていたらもう確実に腐っています。

異臭がする

酸っぱい臭いやカビっぽい臭いがしてきます。

また、キウイの皮に付着した酵母が果肉の糖を分解してアルコール発酵を起こすと、アルコールっぽい臭いもしてきます(アルコール発酵が更に進むと、シュワシュワと泡が出てきたりもするそうです)。

色や触感など見た目に変化がなくても、キウイらしくない臭いがしたら腐っている可能性が高いので、食べないようにして下さい。

変色する

緑が薄かったり、黒や茶色に変色します。

また、皮の表面にシミのような斑点も見られる場合もあります。

同じ変色でも、種の周りが赤くなっている時は、完熟して少し時間が経っている、文字通り腐りかけの状態です。

その為、まだ食べる事はできますが、かなりが味が落ちている可能性が高いです。

キウイらしくない味がする

苦い味がしたり、舌にピリピリ感を感じるようになります。

また、アルコール発酵を起こしている場合は、臭いだけでなく味もアルコールっぽくなります。

カビが生える

キウイは酸性のフルーツなので、腐るとすぐにカビが生えてきます。

いつものキウイかどうかが判断基準

見た目や臭い、味などいつも食べるキウイと違うかそうでないか、腐っているかの最大の判断基準となります。

いつものキウイと何かが違う。

少しでもそう感じたら腐っている可能性が高いので、もったいないかもしれませんが、食べずに捨てて下さい。

完熟したキウイの食べ頃の見極め方は?

出典:https://www.pakutaso.com/20170433111post-11212.html

硬さで見極める

全体の硬さ

キウイ全体を優しく手で包んで、少し力を入れて握って下さい(あまり力を入れ過ぎると果肉が潰れて痛むので、注意して確かめます)。

少し柔らかくなったかな?と感じたら、完熟していて食べ頃です^^

キウイは緑色の果肉の部分から柔らかくなっていくので、この部分が柔らかくなっていたら完熟しています☆

少し硬めの甘酸っぱいキウイが好みという方は、この方法で見極めるのがおススメです☆

縦の硬さ

キウイを縦に持って、そのまま軽く押して硬さを見ます。

軽く押して、少し凹む程度の柔らかさになっていたら、完熟しています☆

緑色の果肉が柔らかくなったら、次は白いでんぷんの部分が柔らかくなるので、全体の硬さを見極める方法よりも、より完熟に近付いて柔らかくなっている状態となります^^

柔らかくて甘いキウイが好みという方は、この方法で見極めるのがおススメです☆

香りで見極める

キウイの甘い香りが強くなったら、完熟した証拠です☆

未熟なキウイはあまり香りを感じませんが、熟して完熟に近付くと、香りが強くなってふわりとキウイの香りを感じられるようになります^^

スポンサードリンク

固いキウイを柔らかくする方法

 

出典:https://www.pakutaso.com/20140725192post-4346.html

常温で置く

キッチンや部屋など、15℃~20℃程度の常温を保てる風通しの良い場所に、そのまま置いておきます(キウイを買った時、少し硬かったら、フルーツかごに数日間置いていた記憶があります^^)

少し手間ですが、キウイを1つずつ新聞紙やキッチンペーパーなどで包むと、温度変化だけでなく、表面の乾燥も防げます☆

キウイは自身が持っている酵素で、果肉や白い部分のでんぷんを分解して糖を作り出すして、エネルギーを生み出すと同時に甘みも生み出します。

冷蔵庫に入れると、酵素の働きが鈍くなって、キウイが柔らかくなるのに時間がかかってしまします。

エチレンガスを当てる

エチレンガスの多いフルーツと保存

野菜や果物の成長に不可欠なエチレンガスを当てる事で、未熟なキウイの成長を促し、成熟、完熟させます☆

キウイにもエチレンガスはありますが、他のフルーツに比べて少ないので、エチレンガスを多く含むフルーツと一緒に保存します。

保存方法は、キウイとエチレンガスの多いフルーツを一緒にビニール袋に数日間入れます(早いと一晩で柔らかくなるので、キウイの柔らかさは小まめにチェックして下さい)。

エチレンガスの多いフルーツは色々ありますが、お手頃でいつでも手に入りやすい、バナナやリンゴがおすすめです。

特にリンゴは、ジョナゴールド、津軽、王林という品種が多くエチレンガスを放出します^^

キウイにストレスを与える

皮を剥いてないキウイ1個を、机の角など平らな部分にゴツンと、表面が少し凹む程度の強さでぶつけます(あまり強くぶつけると、キウイが傷んで悪くなってしまいます)。

あとは、ぶつけたキウイと他のキウイを一緒に袋に入れて保存します。

ぶつけると、衝撃によるストレスでキウイからエチレンガスが放出されます。

エチレンガスの多いフルーツがない!

そんな時に試してみて下さい!

キウイの賞味期限と保存方法

出典:https://publicdomainq.net/kiwifruits-fruit-0008496/

常温

風通しの良い冷暗所に保存するだけで大丈夫です。

段ボールに入れても良いですが、あるなら通気性の良いかごに入れるのがおすすめです。

常温での賞味期限は、未熟なキウイだと1~2ヶ月程度完熟したキウイは最大で1週間の保存が可能になります☆

冷蔵

新聞紙やキッチンペーパーで包み、何個か一緒にビニール袋に入れて保存します。

切ってしまった場合は、切り口をラップで包み、更に全体をラップで包んでビニール袋に入れて保存します(切り口を剥き出しにすると冷気や空気が果肉に当たり、乾燥や酸化が急速に進みます)。

冷蔵保存の際、野菜室に入れるのが理想ですが、冷蔵室しかない場合はドアポケットか取り出し口付近に入れます(キウイは寒さに弱く、マイナス1.7℃を下回ると低温障害にかかってしまいますので、冷蔵庫内でも、最低限0℃前後には保って下さい)。

冷蔵保存の賞味期限は、最大で2週間程度、切った場合は2日程度になります。

冷凍

皮を剥き、好みの大きさ、形に切ってからフリーザーバックに入れて保存します。

フリーザーバックに入れる時、キウイ同士の隙間を空けて冷気の通りを良くしたり、フリーザーバックを金属トレーに乗せると速く温度が下がって急速な冷凍ができるので、賞味期限を延ばせます☆

取り出して食べる時は、冷蔵庫に入れて自然解凍しますが、半解凍の状態でシャーベットやスムージーなどに混ぜたりして食べて下さい。

冷凍での賞味期限は、1ヶ月~2ヶ月程度と長期の保存が可能となります^^

スポンサードリンク

キウイのおいしい通販を紹介☆

ニュージーランド産のゴールデンキウイです☆

キウイ特有の酸っぱさが弱く、甘みが深くて食べやすいです。

甘いキウイがお好みの方は是非ご賞味下さい!

ニュージーランド産のグリーンキウイです☆

程好い甘酸っぱさ、種のプチプチ食感、みずみずしい果肉が舌を楽しませてくれます。

あっさりした味が好みの方にはおすすめのキウイです^^

ニュージーランド産のゴールデンキウイを、今回は1kg用意しました!

グリーンキウイより甘みは強めですが、爽やかな甘さなので、サクサク食べれちゃいます。

存分に、ゴールデンキウイ特有の甘さをご堪能下さい^^

まとめ+関連記事

完熟して食べ頃か、腐っているかの見極め方が少しでも理解して頂ければ幸いです☆いつものキウイと何か違う!そう思ったら、食べるのは諦めて下さい。

関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓^^

【関連記事】

スポンサードリンク