れんこんは腐るとどうなるのでしょうか?紫色やピンク、、、変色したれんこんは食べられるのでしょうか?見分け方や保存方法も気になりますね
そのため今回は、れんこんは腐るとどうなる?変色やピンクや紫色は、腐っているかの見分け方や保存方法もご紹介します!^^

スポンサードリンク

れんこんは腐るとどうなるの?

れんこん

出典:https://www.photo-ac.com/

れんこんは腐りやすいのが悩みどころですよね。れんこんの色が変色したり、れんこんの表面にカビが生えたり、ヌメヌメしたり、、、。いったいどこまでが食べられて、どのような状態が腐っているのでしょうか?

れんこんが腐る状態

悪臭がする
ヌメヌメする
カビているような状態
柔らかい
黒い部分が多い
食べたときに苦い

通常のれんこんは、ほとんど香りません。変なニオイがしたら、腐っているサインです。

また、表面がヌメヌメしていたら、腐っています。新鮮なれんこんは、ヌメヌメしていません。

さらに、表面に白い点がありましたら、カビです。しかし黒い斑点がありましたら、それは黒しぶ・手ずれ・皮点ですので、食べられますよ。

また、れんこんに触ってみてぐにゃりとしたら、すでに腐っています。

色も、表面や中身や切り口などに黒い部分が多かったら、腐っています。

もし食べてしまった時に苦かったら、腐っています。食べないでください。

れんこんが腐る状態をわかりやすく一覧表(表1)にしました。れんこんは変色しやすく腐りやすいので、れんこんが腐っているのかどうかのれんこんの見分け方を覚えておくと便利ですよ。

れんこんを冷蔵庫に入れたら、忘れずにれんこんが入っていることをメモしておくと、忘れにくいですね。まだ食べられるのに捨てたら、もったいないですものね😊☺

腐っているかどうかの見分け方は?

れんこんが腐っているかどうかを見分ける手順をまとめました。順番どおりにチェックすれば、簡単に腐っているかを見分けられますよ☆

見分け方のポイント

  1. ニオイをチェックします。
  2. 変色していないかをチェックします。
  3. カビが生えていないかをチェックします。
  4. 触ってみて、固さをチェックします。
  5. 中身がヌメヌメしていないかをチェックします。
  6. 冷蔵庫で1週間くらいまでが目安です。

明らかに腐ったれんこんは、こんな感じです。

  • れんこんの表面にカビが生えている ➡れんこんはカビやすいので、ご注意ください
  • れんこんの中まで真っ黒 ➡とくに穴の中まで黒いれんこんは腐っています。
  • 表面に白いものが付着している ➡白いものはカビですので、腐っています。
  • れんこんが柔らかい ➡ふにゃふにゃしていたら、腐っています。
  • れんこんの表面がヌメヌメしている ➡中身のぬめりは、れんこんのもともとの性質です。

それに対して、見極めが難しい腐ったれんこんは、こんな感じです。

  • れんこんが紫色やピンクに変色している
  • れんこんが黒や茶色に変色している

この様なれんこんの変色は腐っているサインなのでしょうか?

紫やピンクの変色は大丈夫?

紫やピンクの変色は食べられます。れんこんが紫色やピンクに変色するのは、れんこんの中のポリフェノール、タンニンが鉄と反応して変色します。タンニンは鉄と反応すると、黒や赤くなります。また、れんこんが土の中の鉄と反応して変色することを“赤しぶ”と言います。

また、れんこんはキッチンにある水道水や包丁、フライパン、鍋などに触れて紫色やピンクに変色することもあります。ですから、れんこんの紫色やピンクの部分を切り落とせば、食べられます👍😉腐っていませんよ

それに対して、皮が黒や茶色食べられますが、中身や穴の中まで黒や茶色く変色しているれんこんは腐っています

この、れんこんの色の見分け方を是非覚えてくださいね☆😉

れんこんの正しい保存方法

れんこん

出典:https://www.photo-ac.com/

では、れんこんが腐ることのない保存方法は、どうすれば良いのでしょうか?

れんこんの保存方法は、どのくらい保存したいかによって違います。もちろん、早く食べれば食べるほど、れんこんも新鮮で風味が良いですよ。

冷蔵庫での保存方法

まずは、普通にれんこんを腐らないように冷蔵庫で保存する方法についてご紹介します。

一節丸ごとのれんこんの場合

一節丸ごとのれんこんは、カットしたれんこんより長期保存出来ます。湿らした新聞紙でれんこんを包み、ジップロックなどのビニール袋に密閉して冷蔵庫の野菜室に入れると良いですよ。だいたい1週間くらい保存が出来ます。

カットしたれんこんの場合

れんこん

出典:https://www.photo-ac.com/

カットしたれんこんは、あまり長持ちしません。切り口から腐りやすいので、切り口が空気に触れないように、ラップでピチッと包んでジップロックなどのビニール袋に密閉して冷蔵庫の野菜室に入れて保存してくださいね。こちらは2~3日のうちに食べ切ってくださいね。

長持ちさせるには水に浸して

皮を剥いたれんこんは、腐らないように全体が水に浸かるようにして、タッパーのような密閉容器に入れて冷蔵庫で保存してください。水を1~2日置きに取り替えると、さらに長期保存が出来ます😉✨

カットしたれんこんも、同様に水に浸しておくと、より長持ちします。

長期保存させるには冷凍保存

もっとれんこんを腐らせないで長期保存したいなぁと言う方には、冷凍保存をオススメします。冷凍すると2倍以上長持ちしますよ!

れんこんを冷凍保存するには、まずは皮を剥いたれんこんを2~3分酢水に付けて色止めします。生のままでも冷凍出来ますが、食感を保つためにはこのれんこんをさらに下処理ですると良いですよ。

下処理の方法は、濃いめの酢水で下茹したり、れんこんをカットしてから味つけして煮るレンジでチンしてください。

そして、キッチンペーパーで水分を良く拭き取ったら、れんこんをピチッとラップで包んでジップロックなどのフリーザーバッグに空気を抜いて密閉して、冷凍庫に入れて保存してください。だいたい3~4週間くらい保存出来ますよ😊👍✨

スポンサードリンク

さらに長期保存させるには干しれんこん

れんこんを腐らせないでもっと長く保存したいの!そんな声が聞こえますね 笑

そんな方に、1~2ヶ月保存出来る、究極のれんこん保存方法をお伝えしましょう。それは、れんこんを干して干しれんこんを作ることです。

干しれんこんの作り方
  1. 皮を剥いて薄切りにする
  2. 酢水に2~3分漬ける
  3. ザルに広げて3~4日干す

通気性の良いところで新聞紙に包んでおくと、半年は保存出来ます。密封包装するとカビが生えやすくなるのでご注意ください。通気性の良い紙箱に入れたりして保存します。

冬場なら常温保存も🉑

れんこん

出典:https://www.photo-ac.com/

一節丸ごとのれんこんは、冬場なら常温保存でも長持ちします。新聞紙かキッチンペーパーに包んでジプロックなどのビニール袋に入れて、風通しの良い涼しい場所で保存します。泥付きのれんこんでしたら、泥を落とさない方がより長期保存出来ます。

新れんこんは長持ちしないので注意!!!

れんこんは、11月から1月が旬です。この時期のれんこんは、新れんこんと呼ばれてとても美味しいです。でも、新れんこんは腐りやすいので要注意です。

新れんこんを買ってきたら、すぐに戴くのが一番美味しいですが、保存するなら、出来れば泥付きで常温保存が一番風味が落ちません。美味しい内に、お召し上がりくださいね☆

長持ちするれんこんの選び方

さらに美味しいれんこんを戴くのに大切なのは、れんこんの選び方でしょう。美味しく新鮮なれんこんの選び方は、次のようなれんこんをオススメします✨👍🎵

  • ふっくらとして太いれんこん
  • ずっしり重いれんこん
  • 皮にツヤがあるれんこん
  • 傷がないれんこん

また、れんこんは節に分かれていますね? この節が根元に近いほど古くて大きな節で、新しい節ほど先の方の小さな節です。れんこんのどこの節を選ぶかによって、歯ごたえも変わってきますよ。シャキシャキした歯ごたえのれんこんがお好きなら、先の方の小さな節のれんこんがオススメです。れんこんは品種によって節の長さが違いますので、店頭のれんこんを比較してくださいね☆

カットされたれんこんの場合は、

カット面が既に紫色ピンクのれんこんは、腐りやすいので避けましょう。

スポンサードリンク

楽天の人気れんこんはこちら☆

おいしいねいばらき楽天市場店 霞ヶ浦れんこん

れんこんの生産高1位の茨城県の人気のれんこんです。たっぷりと2kg。有機肥料(もみがら堆肥、醗酵鶏糞など)にこだわって栽培しています。無漂白です。お歳暮にオススメですよ!

八丁屋 佐賀れんこん

TVなどで話題の佐賀県産のれんこんです。ミネラル豊富な佐賀県の土壌で育ったれんこんは、栄養価が高くて評判です。栄養が不足しがちな冬場の栄養補給にもおすすめです。

食べもんぢから。 干しれんこん

山口県産のこだわりの乾燥野菜です。干したれんこんは、うま味も多く、そのまま炒めものや煮物にも使えて便利です。半年くらいの長期保存が出来て、とても便利ですよ!

まとめ+関連記事

いかがでしたでしょうか? 腐りやすく変色しやすいれんこんを腐らせないテクニックが伝わりましたか?

ぜひ、れんこんを美味しく召し上がってくださいね☆✨🎀🌸
関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓^^
【関連記事】

スポンサードリンク