栄養価が高く、「フルーツの王様」とも呼ばれるキウイは、酸味と甘みの絶妙なバランスが魅力ですよね♪店頭に並んでいるキウイには賞味期限などは記載されていませんが、キウイはどのくらい日持ちする果物なのでしょうか?また、キウイを美味しく食べるための保存方法についても気になりますよね☆
そのため今回は、『キウイの日持ちと賞味期限は?熟し方での保存方法の違い、腐るとどうなるかの見分け方』をご紹介します!^^

スポンサードリンク

キウイの日持ちと賞味期限は?保存方法も!

出典:https://bit.ly/2OgKli5

キウイは追熟する果物なので、「未熟なキウイ」と「熟しているキウイ」とでは適している保存方法が異なります。
「未熟なキウイ」の場合は追熟を促すため「常温」、「熟しているキウイ」は「冷蔵」での保存が適しています。

また、長期保存したいのであれば、「冷凍」で保存するという方法もあります。

まずは、それぞれの保存方法やポイントについて、詳しくご紹介したいと思います^^☆

冷蔵

出典:https://bit.ly/2DFarU8

冷蔵で保存する時は、キウイを数個ずつに分けてポリ袋に入れ、チルド室か野菜室で保存するようにしましょう。
冷蔵で保存した場合の賞味期限は2週間程度になります。

先述したように、冷蔵での保存に適しているのは「熟したキウイ」なのですが、買ってきたキウイが「熟している」のか「未熟」なのか、見た目だけでは判断できず悩んでしまいますよね。
そんなときは、キウイを手で包み、優しく押して弾力をチェックしてみて下さい。

キウイを優しく押したとき、程よい弾力を感じられるものは、熟したキウイです。
程よい弾力を感じられるキウイは一般的に「食べごろ」と言われる状態です^^

反対に、キウイが硬い場合は、まだ未熟なキウイということになります。
未熟なキウイは、熟したものよりも酸味が強いのですが、酸味が強い状態のキウイが好きな方は常温ではなく、そのまま冷蔵保存でもOKです☆

冷蔵すると追熟が進みにくくなるため、上記のポイントを踏まえて、判断するようにして下さいね♪

冷凍

出典:https://bit.ly/2ZhQiwA

冷凍で保存する時は、キウイを適当な大きさに切ってから、ジップロック等に入れて保存するようにしましょう。
ジップロック等に入れる時は、出来るだけ中の空気を抜くようにしてくださいね。
冷凍して保存した場合の賞味期限は1ヶ月~2ヶ月程度になります。

キウイをまるごと冷凍したい場合は、下記の方法がおすすめです。

  1. キウイを水洗いしてから、両端を切り落とす。
  2. キウイを半分に切る。
  3. 切ったキウイをラップで包み、ジップロック等に入れて保存する。

キウイは冷凍することで長期保存できるようになりますが、一度冷凍してしまうと、解凍しても本来の食感は失われてしまいます。
そのため、食べる時は完全解凍するよりは、半解凍してシャーベット状で食べるのがおすすめです^^

まるごと冷凍した場合は、キウイの皮をカップにして食べることも出来ますね♪

常温

常温で保存する時は、キウイをカゴなどに入れて、風通しの良い冷暗所で保存するようにしましょう。
段ボールなどに入れて置く場合は、風通しが良くなるよう段ボールに穴を開けておくと良いですね☆
常温(15度~20度)で保存した場合の賞味期限は1ヶ月程度になります。

「未熟なキウイ」の場合は、冷蔵庫に入れてしまうと追熟が進みにくくなってしまうため、常温が15度~20度程度であれば、風通しの良い冷暗所での保存をおすすめします^^
夏場や梅雨の時期などは気温や湿気の影響もあり腐りやすくなってしまうため、冷蔵庫に入れて保存しましょう。

また、少しでも早く熟成させたい場合は、「キウイをリンゴやバナナと一緒にポリ袋に入れておく」という方法もあります。
リンゴやバナナから出るエチレンガスによって、キウイの熟成が促されるため、早く熟成させたい時はこの方法を試してみて下さいね♪

スポンサードリンク

キウイは腐るとどうなる?

出典:https://bit.ly/2JTOkNu

  • カビが生える
  • シワシワになる
  • 変色する
  • 柔らかくなる
  • 異臭がする

キウイが腐ると、上記のような変化が起こります。

カビが生える

まず、キウイは酸性の果物なので、初期段階としてカビが生えることが多いです。

キウイの一部分にカビが生えてるだけで、切った時に中がキレイだと「まだ果肉までは傷んでなかった!」と思う方もいるかもしれませんが、一部分だけでもカビが生えたキウイは、目に見えないカビ菌が果肉全体に広がっている可能性もあるので注意が必要です。

カビが生えたキウイを食べると、人によっては腹痛や下痢などの症状が出る可能性もあるので、処分するようにしましょう。

シワシワになる

出典:https://bit.ly/2Yioybr

キウイなど、水分量が多い果物は、腐ると水分が抜けてシワシワになります。

水分が抜けてシワシワになったキウイは栄養価も低下しており、腐っている可能性が高いので食べないようにしましょう。
乾燥してしまう事でハリがなくなり、シワが増えてしまうというのは人間でも同じですね><;笑

柔らかくなる

腐って水分が抜けると、シワシワになるだけでなく、グニャグニャと柔らかくなります。

水分が抜けて柔らかくなったキウイからは、汁が出ていることもあり、このような状態になってしまったものは食べることは出来ません。
腐っているキウイを口にすると苦みを感じたり、舌がピリピリすることがあるので、気付かずに口にしてしまい異変を感じた場合はすぐに口から出し、口をゆすいでください。

変色する

キウイが腐ると、茶色または黒っぽく変色します。

キウイは元々が茶色っぽいので、変色に気付きにくいかもしれませんが、購入した時より濃くなっていたり、黒っぽくなっている場合は腐っている可能性が高いです。

異臭がする

キウイが腐ると、カビやアルコールのような鼻に付く臭いを発します。

見た目に変化がなくても、このような臭いがした場合は劣化がかなり進んでいるので、処分するようにしてください。

■キウイが腐ってるかに関しては、別記事でもご紹介しています↓↓↓

キウイは腐るとどうなる?完熟した物の食べ頃の見極め方、賞味期限や日持ち、保存法も

 

美味しいキウイの見分け方・選び方

出典:https://bit.ly/34JGoGG

かすかに弾力を感じる

熟したキウイは、優しく触った時かすかに弾力を感じることが出来ます。

キウイは、かすかに弾力を感じる状態が食べごろです。
まだ硬いものは追熟を待たないといけないため、熟したキウイをすぐに食べたい場合は、お店でキウイを選ぶ際に弾力を確かめるようにしましょう。
強く押しすぎてしまうとキウイが傷んでしまうので、必ずそっと優しく触って弾力を確かめるようにして下さいね!

反対に、酸味のあるキウイが好きな方や、すぐに食べるのではなく日持ちさせたい方は、弾力のあるものよりも硬めのものを選ぶと良いですね☆

ふっくらとした形で重みがある

ふっくらとしていて重みがあるものは、果汁を多く含んでいます。

品種によっては細い形をしているものもありますが、私たちがスーパーなどでよく見かける品種の多くはふっくらとした形をしています。
同じような見た目でも、持ってみると重さの違いが分かるので、一度手に取って確かめてみてくださいね^^

産毛が密生している

果肉が黄色の「サンゴールド」などは表面が滑らかですが、果肉が緑色の品種には産毛があり、全体に産毛が密生しているものほど美味しいとされています。

キウイを手に取って弾力や重みを確かめたら、産毛までしっかりとチェックしましょう☆

スポンサードリンク

キウイの人気の通販はコチラ☆

【送料無料♪11月上旬頃から発送】愛媛産 訳ありキウイフルーツ2kg【沖縄・一部離島送料別】

国内生産量日本一の愛媛県産キウイは色鮮やかで、酸味と甘みのバランスが絶妙です☆
サイズが不揃いなので「訳あり」となっていますが、みずみずしい食感とフルーティーな味わいは変わらず、その分お得なんです^^♪

ゼスプリキウイフルーツグリーンキウイ約3kg箱(中玉25-27個)北海道・沖縄は別途送料¥1,000がかかります。

ニュージーランド産のゼスプリキウイは、ジューシーな食感に爽やかな味わいが特徴です☆
中玉が25~27個入っているので、ママ友やご近所さんとのシェア買いにもおすすめですよ♪


ドライキウイには、キウイの美味しさと栄養が凝縮されています☆
種のプチプチはそのままなので、キウイ特有の食感も楽しめます♪
そのまま食べたり、ヨーグルトに入れたり等、様々な楽しみ方が出来ます^^

まとめ+関連記事

キウイは追熟する果物なので、熟したものは「冷蔵」、未熟なものは「常温」での保存がおすすめです。
美味しいキウイの見分け方や選び方についても是非参考にしてみて下さいね^^☆

関連記事も良かったらご覧ください↓↓↓^^

【関連記事】

スポンサードリンク